《10%への消費税増税の欺瞞ー社会保障の充実や財政再建のためという増税正当化の理由は全て嘘》 | 最終次元www.jigen.xyz
  

 《10%への消費税増税の欺瞞ー社会保障の充実や財政再建のためという増税正当化の理由は全て嘘》

《10%への消費税増税の欺瞞ー社会保障の充実や財政再建のためという増税正当化の理由は全て嘘》 これは大変わかりやすくていいですね。 (ここから) もういい加減、目を醒ましましょう! 10%への消費税増税が閣議決定された。国民の反対のガス抜き目的の懐柔策も、”プレミアム商品券”などお粗末で子供騙しの愚策だ。複数税率の設定は中小の事業者の負担を増やすだけだろう。 そもそも、消費税の欠陥である「逆進性」を正すのなら生活必需品への消費税率ゼロとするべきでは? 経済評論家の植草一秀氏によれば、前回の消費税率アップの前後、1989年度と2016年度の税収構造変化の実態は以下に示す通り。 税収規模は1989年度が54.9兆円、2016年度が55.5兆円だった。 このなかで主要税目の税収が激変した。 ●所得税 21.4兆円 → 17.6兆円 ●法人税 19.0兆円 → 10.3兆円 ●消費税  3.3兆円 → 17.2兆円 すなわち、 1、法人税=9兆円減少 (輸出中心の大企業には消費税はそもそも戻しがあり痛みがない) 2、所得税=4兆円減少(これは累進税率を緩和する高額所得層・金持ち優遇策だった) 3、消費税=14兆円増加 これが、日本の税収構造変化(税制改悪)の不公正な実態である。 つまり、消費税増税は、ただひとつ、金持ちの所得税減税と法人税減税のためだけに実施されてきたのである。 一般会計の財政的にはプラスマイナスゼロで、社会福祉や教育の支出を増やすことには寄与してこなかった。今回も同じことになろう。 要は、社会保障の充実や財政再建のためという増税正当化の大義名分は嘘フェイクで国民を騙す悪意があるということです。 安倍政権は、「社会保障と税の一体改革」のためのものいう見え透いた大嘘をついてきた。 しかし、現実には医療や年金でも負担増、給付減になっているではないですか? 消費増税を行う一方で、無原則な公共事業や、集団的自衛権を根拠に軍備増強を大盤振る舞いは続いている。 すっかり声がしぼんでしまったが、増税の前にやるべきことは行政の無駄の削減だったはずではなかったか? 日本財政を食い尽くしているのは国民ではない。シロアリである。シロアリとは税金に群がって、天下りやわたりを繰り返す悪徳官僚どもだ。平成十九年度には二万五千人の国家公務員OBが四千五百の法人に天下りをし、その四千五百法人に十二兆一千億円の血税が流れている。現在の消費税五%分のお金に相当している。 アベノミクスや消費税増税は財務省の悪徳官僚の書いた悪魔のシナリオ通りに進んでいる。 官僚の、官僚による、官僚のための政治がはびこる、国民主権どころか、国民の痛みなど無視して勝手に政府が何でも決める「霞が関主権」の国、日本を建て替え立て直しをしない限り、貧困格差が際限なく拡大し、普通の国民の生活はますます苦しくなっていくだけだろう。 (ここまで)

オリジナル記事はこちら: https://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2018-11-21-2

2018-11-21 (水) 18:23:46
  
  • 《10%への消費税増税の欺瞞ー社会保障の充実や財政再建のためという増税正当化の理由は全て嘘》
  • 世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:教育と言語はとても大切なものなの!」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:先に何があるのでしょうか?」
  • 日本や世界や宇宙の動向さんより「アメリカ産の鶏肉は危険」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:記号はあなたではありません・・・ 」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:いつもと違うことをしてみる・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:安く簡単に健康を維持する方法 」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:そんな、人はいない!」
  • お母さん!後ろ後ろ見て!
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:覚悟するってどういうことですか? 」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:変化することが守ること・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:お金持ち?どう?そんな生活したい? 」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:これは本当に当たり前のこと・・・」
  • 最近の手品ってスゴい…世界最速で物を消す「台湾の魔術師」の実演動画が謎すぎてヤバい
  • 玄のリモ農園ダイアリーからマシュー君のメッセージ(105)