世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:”宇宙ヤバイコピペ”についてアシュタールに質問です」 | 最終次元www.jigen.xyz

 世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:”宇宙ヤバイコピペ”についてアシュタールに質問です」

世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:”宇宙ヤバイコピペ”についてアシュタールに質問です」 (ここから) なんか「宇宙ヤバイコピペ」という超有名?な文章があるそうで・・ 「宇宙ヤバイコピペ」って科学的に正しいの?  国立天文台に聞いてみたら、やっぱり宇宙はヤバかった  「ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ」 とハイテンションなノリで、宇宙がいかに人類の想像を絶する世界であるかを 紹介したもの・・・だそうです。 <転載します> ●宇宙ヤバイコピペ ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。 宇宙ヤバイ。 まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。 広いとかっても 「東京ドーム20個ぶんくらい?」 とか、もう、そういうレベルじゃない。 何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。 何坪とか何ヘクタールとかを超越してる。無限だし超広い。 しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。 だって普通は地球とか膨張しないじゃん。 だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。 トイレとか超遠いとか困るっしょ。 通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、 三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。 だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。 けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。 最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。 無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると 「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」 って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。 あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。寒すぎ。 バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。 それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。 億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。 なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。 うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く 扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに、 宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。 とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。 そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。 ーーーーーーーーーーーー<ここまで> で、面白そうだったので、その中に書かれてることをちょっと抜粋して、 アシュタールに聞いてみました^0^ ●まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。 広いとかっても    「東京ドーム20個ぶんくらい?」 とか、もう、そういうレベルじゃない。 何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何ヘクタールとかを超越してる。 無限だし超広い。 「そうですね、どうご説明しましょうか? 先ず、宇宙には空間という概念がありません。 空間がないのですから、広さもありません。 でも、思考のエネルギーであなた達の世界のように空間をつくりだすことは 出来ますが、その広さの基準は人それぞれの基準?によって違いますので、広い人も いれば、広くない人もいます。」 ●しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。 「膨張はしていません・・膨張するというのは、空間があると仮定したときの話ですので、 宇宙には空間は無いので、膨張はしないのです。 そして、宇宙には時間の概念もありませんので、何万光年離れているということも ないのです。 だから、地球に住むあなた達が計算しているような、何万光年離れているから、 自転車でいけば何京年かかる・・などはないのです。 意図でそこに位置すれば、即座にそこに位置することが出来ます。」 ●(宇宙が有限だとすると)「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」って事になるし、 それは誰もわからない  「宇宙に端っこはありません。空間ではないのですから。 でも循環はしています。 循環のエネルギーが宇宙だと言ってもいいと思います。 どのように循環しているかと言えば、地球からでて、ず~っと宇宙の方へ向かって行きますと あるところで方向が変わるところが出てきます。 方向が変わると、それがどんどんあなたの細胞の中へと向かって行くのです。 そして、細胞の中へエネルギーが入って行くと、そこがまた宇宙とつながるのです。 メビウスの輪の立体版だと思っていただければ理解しやすいと思います。 宇宙はずっと循環しているのです。 大から小へ、小から大へ・・・そのエネルギーの循環が宇宙なのです」 ●あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。寒すぎ  「これもまた説明の難しい案件ですね・・ 何度も言いますが、空間はありません。 空間がありませんので、空気?も存在しないのです。 空気?が存在しないところに、温度も存在しません。 太陽もあなた達が思っているように熱くはないのです。 熱くなるのは、地球の外側の大気圏と太陽から発しているエネルギーが摩擦?を 起こして熱に変わるだけなのです。 宇宙にあるのは、エネルギーだけなのです。」 ●超何も無い。超ガラガラ  「これは、先ほどお伝えしたのと同じです。 宇宙にあるのは、エネルギーだけです。 惑星?星?は存在しているじゃないですか?・・というご質問があると思いますが、 惑星、星は、エネルギーなのです。 エネルギーがあなたの目では物質としてとらえられているのです。 あなたも同じです。 あなたの身体もエネルギーが結着して、物質になっているのです。 その結着を意図しているのは、あなたです。 あなたがエネルギーを結着しようと思ったから、物質化しているだけなのです。 宇宙はエネルギーで満たされています。 そのエネルギーを、意識エネルギーで結着すれば、人間にも、動物にも、惑星にも なるのです。 そして、そのエネルギーが結着して物質化して分離しているように見えていたと しても、その間にはエネルギーが存在し、お互い干渉しあっているのです。 難しいですか? 結論として、あなた達の科学は、波動エネルギーのことを理解出来ていませんので、 物質的なところばかりに目が行ってしまい、宇宙のことをまるで理解出来ていない 状態だとお伝えしたいと思います」 ありがとう、アシュタール! 感謝します。 ムチャブリしてごめんなさ~~い^^ これ以上聞いても、私が理解できないから、翻訳出来ませ~~ん^^ (ここまで) どうやらこの「宇宙ヤバイコピペ」というのは2ちゃんで誕生し、その宇宙のやばさが話題となって コピーしまくられたので「宇宙ヤバイコピペ」となったものらしいです。 私は宇宙ヤバイコピペそのものを全く知りませんでした(笑) でも、宇宙には空間がないという概念が全く分かりませんね。 なにしろ私たち自身がこの3次元空間に住んでいて空間を認識しているので「空間がない」という 概念そのものが理解できないからです。 アシュタールの語るところによれば空間も私たちの意識あるいは認識の産物らしい。 ほら、量子は私たちが見た瞬間にその動向が決まると言われているでしょう。 まさにそれです。私たちが量子を認識したから空間が生まれた?ということになるのかな? 私たちは身体を持ち意識をすることで存在しているわけですが身体は3次元の物質としての 空間を形成してますが、意識には空間はありません。ただそこにエネルギーとして意識が 存在するだけです。意識は脳を介在することで思考ができ、目を用いることで物が見え 他人を自分とは違うものとして認識できるものです。当然見えなければ認識できません。 耳も同じです。耳があるから聞こえます。 それでは、もし、身体がなければ・・・・・。 そこには意識しか存在しません。そして意識は空間を持たないのでどこにも存在可能です。 ただ意識が物質空間を認識すればそこに空間が現れるということのようです。 難しいですね。このとんち問答は・・・・。 宇宙の端っこに行けば細胞に戻ってくる???? どういうこと?そのこと自体が認識イメージできないと思います。 要するにクラインの瓶ですね。 宇宙の端っこと言うと数万年光年と言う距離で考えがちですが、意外と太陽系の端っこあたり かもしれませんね。その先はスクリーンみたいになって反転しているだけということです。 様々な星や恒星もそこに映し出されているだけということかもしれないですね。 昔、ボイジャー1号が打ち上げられ今はすでに太陽系を脱しているはずですが、あれってどこへ 行ってしまったんでしょう?もしかしたら、地球上のどこかにいきなり戻って落っこちていたりして(笑)。 猿の惑星という映画がありましたが、宇宙船ではるか彼方へ飛ばされてどこかに不時着したら そこは地球だったという話と同じです。不時着した地球では数百年経っていたらしいですが 核戦争で一度滅びサルが支配する地球になっていたという物語です。 太陽は実は核反応なんか起こしているのではないということもどこかの宇宙人の話で読んだ ことがありますが、その通りではないかと思います。アシュタールが語るように地球が暑いのは 太陽からの輻射光が空気を熱しているからですね。それで熱く感じるだけです。 なぜなら、冬でも夏並みに暑い日があるなんておかしいと思いませんか?私は今の天文学の 常識をそのまま鵜呑みにするならあり得ないことだと思っています。 冬って太陽からの距離が離れ太陽光の入射角度が小さくなるからと理解してますが、いくら 距離が離れるって言ったって太陽から地球までの距離に比べれば地球の赤道から北半球 までの距離なんてたかが知れているでしょう。数万分の1くらいしか違わないのにあんなに 寒暖の差が激しいの?って思います。 入射角度と言ったってどれだけ違うの?ストーブの正面とちょっと斜めってそう違わないでしょう? だから、太陽で核反応が起きてその温度で地球が熱せられているというのは嘘です。 それなら、太陽にさらに近い地球の上空にある宇宙船が燃えたって話聞かないでしょう???? いろいろ考えてみるとどう見ても嘘に嘘を上塗りして真実を教えていないということがわかるのでは ないだろうかと思うわけです。 また長くなるので、この辺で・・・・。 ここまでは私の勝手な想像物語なので真に受けないように・・・・。 でも、案外的を得ていたりして(笑)。

オリジナル記事はこちら: http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2017-10-15-1

2017-10-15 (日) 22:06:40
  Topページへ戻る
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ  2017年10月6日
  • ブロッサム・グッドチャイルド 2017年10月1日 ~光の銀河連合からのメッセージ~
  • プレアデス高等評議会のミラからのメッセージ  2017年10月3日
  • アンドロメダからのメッセージ/成熟の加速  2017年10月6日
  • マシュー君のメッセージ 2017年9月25日
  • ブロッサム・グッドチャイルドを通して 2017年9月23日 ~光の銀河連合からのメッセージ~
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年9月19日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ 2017年9月15日
  • シェルダン・ナイドルニュース  2017年9月12日
  • ブロッサム・グッドチャイルドを通して 2017年9月6日 ~光の銀河連合からのメッセージ~