破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:自分で生きる力・・・」 | 最終次元www.jigen.xyz

 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:自分で生きる力・・・」

破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:自分で生きる力・・・」 (ここから) 今日の破・常識! あなた達庶民と呼ばれる人たちがいれば、金融が崩壊しても、 銀行がつぶれてお金が使えなくなっても、何も困らない。 むしろ崩壊したほうが、あなた達は自由で豊かになれる・・・らしい(笑) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。 「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。 自分で生きる力をつけてください。 あなたには自分で生きる力があるんです。 自分の人生は、自分で何とでも出来るんです。 人に頼っているから、不安や怖れが出るのです。 自分で食料を取る方法がわかれば怖いものはなくなります。 自分で住む家(場所)を見つけることが出来れば、 何も怖いものはないのです。 生きるための力はすべての人に完璧に備わっているのです。 お金なんてまったく必要ありません。 お金は食べることも、着ることも、住むことも出来ないのです。 生きる・・という上においては何も役に立たないのです。 生きるために必要なのは、人々の力なのです。 お金があなたを生かしてくれているのではなく、 あなたに提供してくれている誰かが あなたを生かしてくれているのです。 そしてあなたが提供していることが誰かを生かす力になっているのです。 生産することだけでなく、あなたが居るということだけでも 誰かにとって力強い力となるのです。 だから、紙きれ、金属の塊にしか過ぎないお金を貯めることを 重要なことにしないでください。 紙きれ、金属の塊は無くなるのです。 でも、あなたが身につけた生きる力はなくなることはないのです。 誰からも没収されたり、盗まれたりすることはありません。 自分の力で生きることを考えてください。 たとえば、好きなこと、楽しいことを仕事にすることです。 自分で仕事を見つけ、自分で仕事をする・・ そうすると不安はなくなります。 自分で魚を捕る技術を身につけると、 いつでも魚を捕ることが出来るので不安がなくなるのと同じです。 誰かに依存して魚を捕ってもらっていると、 その人がいなくなったら生きていけないと思い込み、 常に不安と怖れで震えていなければいけなくなります。 会社に入ってお給料をもらわなければ生きていけない・・ そんなことはありません。 お金がなければ生きていけない・・そんなことはありません。 みんなが自分で生きる力を思い出すことが出来れば、 依存する関係から、提供しあえる関係に変わることが出来るのです。 いまあなたの生活を支えていてくれるのは、 お金ではなく人だということを忘れないでください。 お金がいくらあっても、人がいなければ何も出来ないのです。 そして、あなたの社会を動かしているのも人々なのです。 人々がいなければ、社会は何も動かないのです。 わかりますか? だから、人がいれば何も困らないのです。 お金を貯めることに人生を使わないでください。 自分の力で生きて行くことに人生を使って下さい。 あなたには出来ます。あなた達がお金や金融、 ピラミッド社会のシステムに依存するのをやめ、 それぞれに力を提供しあえば何の不安も恐れもなくなります。 あなた達庶民と呼ばれる人たちがいれば、金融が崩壊しても、 銀行がつぶれてお金が使えなくなっても、何も困らないのです。 むしろ崩壊したほうが、あなた達は自由で豊かになれるのです。 お金は食べられない、着られない、住めない・・ ということを、思い出してください。 あなたに愛をこめてお伝えいたします」 ありがとう、アシュタール! (ここまで) 自分の力で何かを始めるという事が出来れば、それが体験となり知識となります。 私は独学でホームページの作製方法を身に着けましたが、最初は本当に何もわからず どうやって作るのかさえ知りませんでした。 ホームページ作成ソフトを手にしてもダメなんです。 そこで、HTMLとCSSを学びなんとかこうやれば作れるというところまで行くのに 約1年ほどかかりました。そのおかげでホームページの構成の仕方やレイアウト 段落などのやり方も覚え、写真の加工もフォトショップを使いある程度は出来る ようになりました。 これも必要に迫られてやったのですが、その知識は今でも十分役に立ちます。 もしかしたら、これで仕事が出来るかと思いましたが、当地ではITの普及が進んで いませんので職にはありつけないのが現実ですね(´;ω;`)。 だから、これを武器に自分で仕事を作ることは可能だと思います。 あとはいかに労力を注げるかです(ここが問題ですね)。 だから、何かを始めるということはとても大切なように思います。 なぜなら、始めようという気を起こさない限り何事もなしえないからです。 お金をかけずにどうやれば出来るかという工夫も時には必要です。 先日も友人に居間のリフォームを始めるにあたって超重い家具類を運ぶのを 手伝ってもらいましたが、代わりに彼が出来ないと言っていたオーディオの 配線と接続および音を出せるところまでやってあげることで了解を得ました。 本来ならなにがしかの謝礼を払うところですが、こうした交換条件でもいいのでは ないかと思います。 それぞれ工夫すればいろいろなアイデアが出てくると思います。

オリジナル記事はこちら: https://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2018-10-15

2018-10-15 (月) 18:30:27
  Topページへ戻る
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:どうしてイヤな人を自分の現実にいれてしまったのか? 」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:商業的なミスリード・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:悪魔祓いなんて・・そんなぁ~~」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:スピリチュアルという言葉・・・」
  • お前、ホントに犬かね???
  • 消費税を10%にしたらどうなるか?軽減税率も含めて
  • 年次改革要望書…アーミテージレポート… 属国は何を押しつけられてきたか
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:あなたたちの社会システムの根本を知ることです」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:最終的に決めるのはあなた・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「ミナミさん:教育という名の、矯正装置・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:自分で生きる力・・・」
  • トランプの中国潰しの理由は?:米偽ユダと中国は一蓮托生!?→安倍はどっちにつくの?
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:これからずっと自分は歌が苦手??」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:好奇心・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタールミナミさん:見届けないお金を出すのは、無責任だということ・・」