破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:都合のいい価値観・・・・・・」 | 最終次元www.jigen.xyz

 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:都合のいい価値観・・・・・・」

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:都合のいい価値観・・・・・・」 (ここから) 今日の破・常識! あなたがそこにいるから  宇宙はハーモニーを奏でることが出来る・・・らしい(笑) では、アシュタールからのメッセージをお伝えいたします。 「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。 あなたたちは、よく”役に立つ”という言葉を使いますね。 私には、その言葉がとても不思議に聞こえます。 誰かの役に立つために・・これは役に立たない・・ など役に立つことが良いことで、役に立たなければ 存在価値さえもないような印象を受けます。 これは、ある意味、分離と排除をもたらします。 社会に役立つ人間と役に立たない人間・・・ 役に立つ人間は社会に受け入れられますが  役に立たないと判断された人間は排除される・・ という社会構造!それは、人間だけでなく  すべての存在に対しても同じことが言えます。 役に立つ草(自然)、動物 鉱物・・ すべてが あなたの社会において役に立つかどうかで 価値判断され、役に立たないと判断されれば 排除という憂き目にあうのです。 社会に利益をもたらさない存在は価値がない・・ という価値観が蔓延しています。 生産をしない、社会に奉仕しない人・・ 病気になったり、年をとったりすると 社会では生きづらくなるのは そういう価値観からではないでしょうか? 社会にとって役に立たないと思われた人は  落ちこぼれ、お荷物、役立たずなどという ひどい評価を受けることになり、とても生きづらくなる。 これは役に立っている間はいいけれど  役に立たなくなったら必要はない・・と思われるということです。 それは、存在に対する”尊敬””尊厳”を忘れてしまった姿です。 すべての存在の中には光があるのです。 そして、その光は ”尊敬”され  ”尊厳”を大切にされるべきものなのです。 では、役に立つ人は、誰にとって役に立つ人(存在)なのでしょうか? 役に立つ存在になるためには自分を押し殺し、我慢をし  ただ黙って働かなければいけない・・と教え込まれ  頑張って役に立つ人になろうとしていませんか? 自分の意見を主張したら調和を乱し迷惑をかけてしまう・・ だから黙って人の役に立てるように頑張る! それが集団で生きる社会の一員として 当たり前の姿だと思い込んでいませんか? 誰かのお役に立てることが自分の幸せだと思い  そのために自分をすり減らしていませんか? これは支配者層(ピラミッド上部・・ これは大きなピラミッドだけではなく 小さな身近なピラミッド、会社、何らかの組織  ひいては家族)にとって、とても都合のいい価値観ですね。 その価値観を手放してはいかがでしょうか? この世界(宇宙)の中に価値のない存在など一人もいないのです。 誰かの役に立つ、立たないなどは  本当に小さくゆがんだ狭い価値観です。 あなたは、そんな事で判断されるような存在ではありません。 あなたは、あなたがただそこに在る・・ それだけで素晴らしい価値の存在なのです。 もちろんあなただけではありません。 この世界(宇宙)に存在するすべてのものが  そうなのです。そこには、あなたの世界の知識では  計り知れない価値があるのです。 もしあなたが自分以外の存在を自分にとって価値があるか、ないか  という判断をしてるならば、それを手放してください。 何かをそういう価値観で判断するということは  あなた自身をもそういう目で見てしまう・・ということになります。 自分は役に立つ、価値のある存在かどうかで  自分のセルフイメージを作ってしまうことになるからです。 それは自分自身の存在価値を貶めているのと同じことです。 あなたは、ただ在る・・それだけでいいのです。 あなたがそこに在るから宇宙は成立しているのです。 あなたがそこにいるから  宇宙はハーモニーを奏でることが出来るのです。 あなたの存在はそれほど大きくて貴重なのです。 役に立つ、立たないなどの小さく歪んだ  狭い価値観は手放してください。 あなたに愛をこめてお伝えいたします。」 ありがとう、アシュタール! (ここまで) 昨日アシュタールが述べていた言葉を思い出すでしょうか? 「これからは実行する段階です」 そう述べていましたね。 そして5次元は3次元と正反対の世界であることも。 今日のメッセージはその始まりでしょう。 価値があるかどうかですべてを判断する。 「君は会社にとって存在価値のなき人間だ」とか「あなたは生まれてきたこと自体が 間違いなのよ、だって誰の役にも立っていないんだから」とか、あるいは「あなたは 生きていても仕方がない人なのよ」などと言う言葉が世間では実に多く飛び交って いると思います。 年老いた人や仕事もせずぶらぶらしている人、会社の窓際に座っている人、犯罪者 などなどいっぱいあげればきりがないくらいあります。 それは単にレッテルを貼ってそう決めつけているだけなのですが、ニュースなんかで 老人が運転する車の事故などが起こるたびにそういう思いが増幅されているように 感じます。世知辛い世の中ですね。江戸時代にも老人はいましたが、今ほど肩身の 狭い思いはしてなかったでしょう。 社会的に形成された暗黙の合意とでも言えますね。こうした場合は役立たずと言うもの。 ということです。 でも、それは5次元世界を建言するためには手放さなければいけないものの一つです。 5次元では等しく尊厳と尊重が当たり前のことであり、その場で果たして「あなたは役立たず」 と言う言葉を発せられるでしょうか?そういった時点で言った人は3次元に戻されるでしょう。 もちろん、誰かが3次元に落とすではなく、自分自らが一直線に3次元に落とすのです。

オリジナル記事はこちら: http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2017-08-15

2017-08-15 (火) 20:24:12
  Topページへ戻る
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年8月15日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ  2017年8月11日
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年8月1日
  • マシュー君のメッセージ 2017年7月27日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ 2017年7月28日
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年7月25日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ 2017年7月21日
  • パラス・アテナからのメッセージ  2017年7月27日
  • ホルスからのメッセージ/目覚ましコール  2017年7月26日
  • ババジとピーター・カッセルとの対話  2017年7月23日