破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたの目で見ている世界・・・」 | 最終次元www.jigen.xyz

 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたの目で見ている世界・・・」

破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたの目で見ている世界・・・」 (ここから) 今日の破・常識! あなたの現実にまったく関係ない世界に フォーカスしてしまう一番の原因は テレビや新聞などのニュース・・・らしい(笑) ------------------------------------------------------------------------------------------------------- 今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。 「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。 何度もお伝えしていますが・・もうあなたは5次元領域にいます。 それにはあなたのまわりを見てください。 テレビや新聞などの中にあなたの世界はありません。 あなたの目で実際に見ている世界があなたの世界なのです。 遠くで起きていることに、フォーカスしないでください。 あなたのまわりに起きていることだけにフォーカスしてください。 それがあなたの世界なのです。 テレビの中にあなたの世界があるのではありません。 テレビの中で起きていることは、別の世界であり、 あなたとは関係のない世界なのです。 5次元領域から3次元領域を見ることは出来るのです。 あなたはテレビの中で起きている3次元領域にフォーカスしているので、 さも自分も3次元領域にいると勘違いしてしまっているだけなのです。 あなたのまわりに紛争はありますか? いま、です・・いま、あなたの現実に戦争などは起きていますか? いま、あなたの世界(あなたが見ている世界)で、 食べられなくて困っていますか? いま、あなたの世界で住むところがなくて困っていますか? もしかしたら、どこかに困っている人もいるかもしれません。 でも、それはその人の世界であってあなたの世界ではないのです。 知らない人のこと(自分の世界にいない人のこと)を 心配しても仕方ありません。いない人を仮定して、その人のことを かわいそうに思ったり、自分もそうなるかもしれないと心配するのは ものすごくナンセンスです。わかりますね。 いま、あなたの現実に何が見えますか? しっかりと見てください。 あなたの世界ではないことを心配しても何にもなりません。 あなたに関係ないことを見聞きして、 今度は自分の世界にこれが起きる・・と心配しないでください。 そう思えば、それがあなたの現実になるのです。 思考が先、現実があと・・ そして、もし(”もし”ということを言うことさえナンセンスなんですが(笑) あなたに何か困ったことが実際に起きたら、 それはそのとき考えればいいことであって、 起きていないときから考える必要はない・・ということです。 これを言うとまた怒りのエネルギーが 飛んで来るかもしれませんが(苦笑)・・ テレビの中で何か災害などが起きていたとしても、 それはあなたには関係のない世界なのです。 あなたの現実に災害が起きたら、それはあなたの現実です。 起きていないなら、それはあなたには関係のない現実なのです。 わかりますね。 関係のない現実に振り回される必要はありません。 自分の現実に実際に起きたら、そのとき考えてください。 それで十分です・・関係ない幻に首を突っ込む必要はないのです。 反対に首を突っ込めば、その現実をあなたが自分で創造し その現実を実際に体験するということになってしまいます。 それが、波動エネルギーなのです。 フォーカスしたところにあなたの現実が現れる。 フォーカスしなければ、 あなたの世界(現実)には現れない・・ということです。 あなたの現実にまったく関係ない世界にフォーカスしてしまう 一番の原因はテレビや新聞などのニュースなのです。 新聞はまだ字だけなのでそんなに影響しませんが、 テレビなどの映像はあなたの感情に直接来ますので、 とても影響力が強いので気をつけてください。 あなたの現実を楽しくてご機嫌さんなものにしたいと 思うのであれば、楽しくてご機嫌さんなことだけに フォーカスしていてくださいね。 あなたに愛をこめてお伝えいたします」 ありがとう、アシュタール! (ここまで) 私は毎日NHKの夜7時から始まるニュースは見ています。 だから、ネットで読んだ、あるいは見たニュースがテレビで放映されているのを 見て、やっとテレビでも報道されたと思って見ています。 しかし、見てもそのほとんどを日中は忘れて過ごしています。 つまり強い恐怖感や不安はそこにはないということです。 だから、現実もそれほど大きく変わりません。 テレビの中に見える世界は私たちと全く関係のない世界だと言われてもピンと 来ないかもしれません。 アメリカのトランプ大統領が何か話題になることを話した、あるいは先日のフランスの 暴動をテレビで見たとしても関係のない世界です。 つまり、別の次元で起きている出来事だと思うしかないのです。 マクロン大統領が窮地に立たされているのはカバール崩壊の良い兆候だとしても それは彼らの世界の出来事で会って、政府に対する国民の反動があのような形に なって現れているという現実がそこにありますが、私たちの世界にはありません。 つまり、残された3次元では支配者の締め付けに対する反発運動が起きていて世界が 混乱の中に巻き込まれ始めているという現実がそこにはありますが、5次元に移行した 私たちにはそういう反発運動というのはない世界だという事です。 すでに平和に暮らせる世界を選択して今ここにいると考えるべきことです。 ところが、彼らからは私たちの世界は見えないので私たちのようになりたいと様々な 運動やデモ、暴動を起こしていることになります。 つまり、世界はすでに2極化してしまっていて、彼らは戦争や暴動、争いのある地球に いるのであって、私たちは別れたもう一つの平和な地球にいるという事です。 今はもうテレビで見ることしかない世界であって強い関心を持ち恐怖や不安にかられ なければ現実になる世界ではないという事です。 別れた世界と言っても、どこか宇宙の別の場所にある地球というのではなく、同じ空間に ありながら波動的に分離された同じ地球にいます。ただ、波動のベールがあって互いに 行き来できない状態だということですね。 だから、世界の行く末を心配せず自分の楽しめることをしていればいいという事です。 しかし、それでも現実に見るテレビの報道や心配事に首を突っ込むとそのような世界に 自分が移動してそれを体験することにもなりかねないので注意しないといけないだろうと 思います。

オリジナル記事はこちら: https://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2018-12-05

2018-12-05 (水) 18:31:53
  Topページへ戻る
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:自分で事実を確かめる・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:宇宙人はいます・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:特別な行事を待たないでください・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ハートの記憶・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:同じ土俵の上に立たないでください・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:テラは大きなビオトープ・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:いろんなエネルギーが飛んでます」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:悩みというのは・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ゲーム依存症・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:奥深くに眠るパワー・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:余裕のまったくない世界・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたの目で見ている世界・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:それがあなたの特別な才能なのです・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:エネルギーの奪い合い・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:自分を信じる勇気・・・」