世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:欲しいものは欲しいと宣言していいのです・・・・」 | 最終次元www.jigen.xyz

 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:欲しいものは欲しいと宣言していいのです・・・・」

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:欲しいものは欲しいと宣言していいのです・・・・」 (ここから) 面白いツイートがありました・・ 「玉の輿に乗りたい」という友人の目標をなるほどねと聞き流していたけど、 世界一周旅行に出掛け、そこで培った語学力と経験を評価されて貿易会社に就職、 そして高収入の旦那さんと見事結ばれたので、白馬に乗った王子様を夢見るのでなく、 自ら馬に乗って的を射止めた流鏑馬のような手腕、見習いたい。 すごい! まさに流鏑馬!! 感動しました^0^ ・・ということで、今日のアシュタールからのメッセージをお伝えしますね^^ 「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。 欲しいものは、欲しいと言っていいんです。 欲しいものを待っていなくていいんです。 欲しいものがあるなら、私はこれが欲しいです・・とエネルギー場に宣言してください。 しっかりとオーダーしてください。 自分をアピールすることに躊躇しないでくださいね。 こんなことを言ったら、変な人だと思われる。 こんなことを言ったら、欲深いと思われる。 こんなものが欲しいなんてこと、恥ずかしくて言えない。 などと、恥ずかしがったり、欲しがることを汚いことだと思ったり、私ごときが こんなものを欲しがるなんてなど、卑下する必要はありません。 あなたがしたいことのために必要なものは、堂々と欲しがってください。 エネルギー場に、私はこんなものが欲しいです・・とアピールすることで、エネルギー場に あなたの意識が伝わります。 そうすれば、それを持っていて、提供したいと思う人がいれば、あなたの意識とマッチング するのです。 その人は、それを提供したいと思っているので、それをいただくことに何も罪悪感や 恥ずかしさなど感じる必要はないのです。 無理やりその人からいただくのではなく、その人がOKしたからあなたの希望が叶ったの ですから、お互いそれでOKなのです。 分かりますか? あなた達は受け取ることが苦手です。 差し上げる、提供することにはそんなに抵抗は感じないのですが、 受け取るとなると罪悪感などを感じてしまうように教育されてしまっているのです。 受け取り上手になってください。 そうすれば、提供することも上手になります。 受け取ること、提供することがどちらも上手になれば、循環もスムーズになります。 提供することは人のためになるけど、受け取る(提供される)ことは、なんだか奪い取る? みたいな感覚を持ってしまっているのです。 その思考を変えてください。 受け取ることも人のためになるのです。 提供したいと思っているのですから、あなたが受け取ることで提供出来て、その人の 希望も叶っているのです。 そして、あなたが受け取ることで、あなたは提供することが出来ます。 あなたが誰かに提供することで、いずれはあなたに提供してくれた人にも違う形で 提供し返す?ことが出来るのです。 提供だけでは循環が出来ないのです。 受け取る人がいるから、提供することが出来るのですから・・・ それが、循環になってみんなに必要なものが行き渡るのです。 受け取ること、いただくことに罪悪感はいりません。 堂々と受け取ってください。 一番欲しいものを、私はこれが欲しいです・・どなたか提供してくださる方はいらっしゃい ませんか?・・とエネルギー場に堂々と宣言?アピールしてください。 そうすれば、持っている人が提供してくれます。 (一番ほしいもの、一番必要なものを宣言してくださいね) 宣言しないと、提供したいと思っている人のところにあなたの意志は伝わりません。 宣言するということは、あなたの欲しいものを、あなたが取りに行くのと同じ なのです。 こんなのが欲しい、必要なんだけど、宣言するのは恥ずかしいから誰かが気がついて くれるまで待っていましょう・・と思っていたら、いつまでもそれは手に入りません。 自分でそれをしっかりとアピールするのです。 なるべく具体的にアピールしてください。 その方が、提供する人にとってもわかりやすいので、マッチングしやすくなります。 もう一度言いますが、あなたが欲しいと言っても、提供してくれる人がいなければ 手に入らないのです。 提供してくれる人がいるから手に入るのです。 それは、その人がOKしたからなのです。 その人から、あなたが無理やり奪い取る訳ではないのです。 だから、申し訳ないとか、恥ずかしいとか、もらうことに罪悪感を感じる必要はありません。 その人がイヤなら提供しませんので、大丈夫です。 何か必要なもの、必要なことを欲しがることは、卑しいことではありません。 堂々と欲しがってください。 でも、目的のないものは欲しがらないでくださいね。 具体的にあなたがどうしてそれを必要だと思うのかを説明出来ないものは、 必要のないものです。 持っていると安心するから、みんなが持っているから、あったらいいかなと思うから・・ などは欲しがる理由にはなりません。 それは、目的のない”欲しい”なので、提供してくれる人とマッチング出来ないのです。 だから、手に入りにくくなります。 思考が先、現実があと・・欲しいと思考するから、必要だと思うから、現実に手に 入るのです。 欲しいと思っても、それは私には無理、手に入らない・・と思うから実際に手に入らない のです。 欲しいと思う気持ちにブレーキをかけないでくださいね。 あなたに愛をこめてお伝えいたします。」 ありがとう アシュタール! 感謝します。 (ここまで) 大概の人はおとぎ話や夢に出てくる白馬に乗った王子様を夢見ただけで終わってしまって いるんでしょうね。なかなか夢が叶わないと思っていてもいつもその夢を見ているだけ・・・。 ということになるのでしょうか? そうではなく、実際に夢を探す旅に出ないといけないということですね。 そうすれば、夢も叶う。 欲しいものはいっぱいあるんですねどね・・・・・・。 だから、AMAZONの欲しいものリストにいっぱい登録してます(笑)。 でも、本当のところ、欲しいとは思ってはいても宣言まではしてないですね。 やはり、そこが問題でしょうかね??? ならば、その中から一番欲しいものを「欲しい」と宣言してみることにしましょう。

オリジナル記事はこちら: http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2017-08-14-2

2017-08-14 (月) 20:53:46
  Topページへ戻る
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年8月15日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ  2017年8月11日
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年8月1日
  • マシュー君のメッセージ 2017年7月27日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ 2017年7月28日
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年7月25日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ 2017年7月21日
  • パラス・アテナからのメッセージ  2017年7月27日
  • ホルスからのメッセージ/目覚ましコール  2017年7月26日
  • ババジとピーター・カッセルとの対話  2017年7月23日