破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:悟り・・・とは」 | 最終次元www.jigen.xyz

 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:悟り・・・とは」

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:悟り・・・とは」 (ここから) 今日の破・常識! あえて ”悟る” 必要はない・・・らしい(笑)  では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。 「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。 悟りたい・・と 思えば思うほど悟ることは出来ません(笑) 追い求めれば追い求める現実を創造してしまうからです。 自分はまだ悟っていない・・と 自分に言い聞かせている状態ですから その現実を創造して、いつまでも悟ることは出来ない・・ということです。 そして、悟りは外にはありません あなたが求めているのは”悟っている自分の姿”ですから・・・ そんなものはないのに、そんな幻を追い求めているのですから  いつまでもそこに到達するはずがない・・と言うこともできます。 では、悟り・・とあなたが思っている状態はどんなものなのでしょうか? 悟っている人とは、どんな人なのでしょうか? なにかがおかしい・・と 思い、そのおかしいものは何なのか?・・ と追及し、たくさん考え、いろいろな試行錯誤を繰り返し・・ とことん気が済むまですると・・・ 最後には、すべてがどうでもよくなってきます。 何もわからない自分にたどり着き  そして、すべてに執着がなくなり、 知っている自分も知らない自分もどっちも自分だとわかり  自分がどこにいようと自分には変わりなく、 自分がこれから先 どうなっていくのかということにも興味がなくなって・・・ すべてがどうでもよくなってしまった状態になります。 これが悟ったという状態です(笑) すべてがどうでもよくなると・・・ 今 この時だけを生きることが出来るようになります。 今この時に自分は生きている・・と思えるようになる・・これが悟りです。 ”今 ここ” にしか自分はいない・・とわかること・・これが悟りです。 そしてずっと悟りの中にいる人もいません。????ですか?(笑) 一度悟ったら もうずっと悟りの中にいて  そこから世俗に戻って来ることはない・・と 思っていますか? そして悟った人は 素晴らしい人になるのでしょうね・・って思いますか? 悟った人は聖人君子のように徳のある高潔な考えを持った人・・?? いいえ・・申し訳ありませんが、そうではありません。 悟った人は、特別な人になるわけではなく  普通の人(世俗的な人)と変わりません。 (普通の人、世俗的な人という概念、言葉は好きではありませんが  今日はあえて使わせていただきます) 何も変わりません(笑) ただ起きて来ることにジタバタしなくなる・・というだけです(笑) すべてを受け入れられる・・これが悟った人です。 すべてを受け入れる・・と言うとあなた達はすぐに・・ じゃあ、どんなに理不尽な事をされても  受け入れ我慢しなければいけないんですか?・・って聞きますが(笑) そうではありません。 理不尽でイヤなことをされたら拒否してください・・ 受け入れる・・というのは、自分に責任を持つ・・ということです。 自分が創造した現実(思考の結果)を受け入れる・・という意味です。 すべてがどうでもよくなる・・というのは投げやりな意味ではなく、 すべてを受け入れることが出来るようになる・・ということです。 グルグルしますか?(笑) 結局 今 この時 ”いま ここ”にしか 自分は存在しないことを 知っている人が悟っている人だということです。 今 ここ にしか自分はいませんから  過去も未来も関係なくなり  そのことで何かを変えようと思わないので ジタバタすることがなく  今 目の前に起きている現実(思考の結果)を  ただ受け入れるだけの事なのです。 ですから悟っている人は、何も特別な存在ではないのです。 そして悟る・・ということも特別な難しい事ではないのです。 特別な修行をしなければ悟れない・・ということはまったくありません。 さっきも言いましたが、反対に悟りたいと思い  何か修行のようなものをすればするほど  悟りから遠ざかるということになります。 悟りは、」外にはなく ”今 ここ”にしかないからです。 では、修業もしなくて どうやって悟ればいいんですか?? っていうエネルギーが飛んできますが(笑)・・・・ いつも言っているように・・楽しいことをしていればいいんです(笑) 楽しいことに夢中になっていれば ”今 ここ” にいることが出来ます。 時間も何もかも忘れて その楽しいことに集中する・・これが悟りです。 簡単でしょ(笑) だから あなたもすでに悟っているのです(笑) さっきお伝えしました・・ずっと悟っている人はいない・・ ということを思い出してください(笑) そして最後に・・あえて”悟る”必要も ないと  お伝えしたいと思います。 私からみると その”悟る”という言葉自体が  悟りから離れているように思えますので(笑) 何も考えずに、ただハートが気持ちよく感じることだけに 集中していればいいと思います(笑) それが一番だと思います。 あなたに愛をこめてお伝えいたします」 (ここまで) 悟りを開くということにアシュタールのメッセージを聞くまではかなり真剣に考えていましたが 今ではまったく考えることはなくなりました(笑)。 アシュタールが語るように私たちの求めている悟りと言うのは存在しないのだと思います。 すべてを知りすべてが出来、すべてに精通する神様のような人になる。 というのが一つの悟りの姿でもありますが、そんなことを追求したとしてもこの一つの人生では 足りません(笑)。おそらく何億回この世に生まれてもわからないでしょう。 そもそも、お釈迦様が悟りを開いたとか、キリスト意識になったとか言うからおかしくなるのです。 仮にお釈迦様の様になろうとしたら煩悩を捨て続欲を捨て清い心と身体を持ち、清いと言われる 生活をすることを目指すことになると思いますが、そんなことをしてもなれません。今までそこに 到達した人はいないでしょう。仮にいたと言われたとしても偶像です。 なぜなら、その人本人、ここではお釈迦様になりますが実際にお会いしてないでしょう。 すべて、何かの伝記、言い伝え、書き記した書物などをもとに類推しているにすぎません。 そこに後世の「私は悟った」と言う人が現れ混乱を巻き起こしているだけです。 宗教団体の教祖が良い例です。その教祖の元で本当に平和になり幸せになった人がいたでしょうか? 必ず最後は団体が大きくなり布施を求めるようになり、布施が免罪符となっていき、団体内の主権争い へと発展していきます。そして、上層部と一般信者との隔たりも大きくなり、下は上に仕えるような 形になっていき、教義やしきたりが自由を拘束していきます。 だから、悟りを求めるのではなく、日々の生活を充実させた方がはるかにいいことでしょう。

オリジナル記事はこちら: http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2017-10-09

2017-10-09 (月) 21:26:21
  Topページへ戻る
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ  2017年10月6日
  • ブロッサム・グッドチャイルド 2017年10月1日 ~光の銀河連合からのメッセージ~
  • プレアデス高等評議会のミラからのメッセージ  2017年10月3日
  • アンドロメダからのメッセージ/成熟の加速  2017年10月6日
  • マシュー君のメッセージ 2017年9月25日
  • ブロッサム・グッドチャイルドを通して 2017年9月23日 ~光の銀河連合からのメッセージ~
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年9月19日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ 2017年9月15日
  • シェルダン・ナイドルニュース  2017年9月12日
  • ブロッサム・グッドチャイルドを通して 2017年9月6日 ~光の銀河連合からのメッセージ~