世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:欲しがっていいの?欲しがっちゃダメなの?どっち?? 」 | 最終次元www.jigen.xyz

 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:欲しがっていいの?欲しがっちゃダメなの?どっち?? 」

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:欲しがっていいの?欲しがっちゃダメなの?どっち?? 」 (ここから) この前の記事でアシュタールは欲しいものは欲しがってください・・って メッセージをくれたけど、でも欲しいって思う気持ちは、自分は持ってない って宣言することだから、欲しいって言っちゃいけないんじゃないんですか?・・ どっちがどうなのか?そこのところがよくわからなくて・・というご質問を 先日のワークショップの中で受けました。 他にも同じように考えている方がいらっしゃるかもしれない・・と言うことで アシュタールがそのことに関してメッセージをくれましたのでお伝えしますね^^ 「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。 いまからお話しするのは、言葉だけでは、なかなか受け取りにくいことですので、 感覚を研ぎ澄ましてお聞きいただければと思います。 欲しい・・という言葉は同じなのですが、ふたつの使い方?意味?があります。 それは、積極的”欲しい”と 消極的”欲しい”です。 消極的”欲しい”をご説明しますと・・・ いま持ってないから欲しい・・と言うことになります。 お金でよく使ってしまう案件ですね。 お金が欲しい・・と思考するときに、何も目的がなくただお金が欲しいというと、 お金が欲しいというより、お金があれば幸せになれるのに、私はお金を持っていない・・ という不安?不幸せ感?からお金が欲しい・・ という思考のエネルギーの方が強調されてしまいますので、 私はお金を持っていない現実をオーダーします・・と言っていることになります。 例えば、レストランに行って・・私はお腹がすいています、何か料理を作って 下さい・・とオーダーするのと同じようなことです。 コックさんは、お腹がすいているのはわかりました・・でも何が食べたいのか 分かりませんので、何をつくっていいのかわかりません。 それでも何か食べたいというなら、こちらで勝手につくりますよ・・ということに なって、自分が食べたいものと違う料理(嫌いなものかもしれません)が出て来るか、 いつまでたっても何も食べられないか、どちらかになるのです。 思考のエネルギーは、方向性が決まらないと拡散してしまうのです。 そして、その中である程度方向性がある方向へエネルギーを流します。 そのある程度方向性がある思考と言うのが・・私にはお金がありません・・と いう思考になり、お金がない現実を創造するのです。 これが消極的なオーダー(欲しい)ということです。 これが理解できれば、積極的なオーダー(欲しい)の意味が理解できると思います。 積極的なオーダー(欲しい)は、目的がはっきりしています。 思考の方向性がしっかりとしています。 お金を欲しがるのであっても、これをしたいからこれだけのお金が必要です・・と オーダーしますので、それが現実化するのです。 積極的なオーダーには、お金がないという思考より、これをするためのお金が欲しいと いう方が強調されますので、そちらのエネルギーが優先されそちらに流れます。 レストランで、お腹がすいているので焼きそばをつくってくださいとオーダーして いるのと同じです。 コックさんは、お腹がすいているのはわかりました、ならばなるべく急いであなたの 好みの美味しい焼きそばをつくりましょう・・となるので、 あなたが望んだ焼きそばを食べることが出来るのです。 (ソース焼きそばか、あんかけ焼きそばか、海鮮ものを入れるか、肉類が いいのかまでオーダー出来るともっと好みのものが出てきます) これが積極的なオーダー(欲しい)なのです。 私がいつもお伝えしている・・欲しいものはなるべく具体的にしてください・・ 漫然と欲しがっても手には入りません・・というのはこういう理由からです。 思考はエネルギーです。 どこに思考のエネルギーを流すか・・それによってあなたの現実は変わってくるのです。 しっかりと欲しいものをオーダーしてください。 もう一度お伝えしますが・・あなたのハートが欲しがっているものです。 みんなが持っているから・・ 持っていないと恥ずかしいから・・ 自慢したいから・・ 幸せだと思われたいから・・ ないと不安だから・・ などというのは、漫然としたオーダーになり、 そちらの思考エネルギーの方が強調されますので、持っていない現実を創造して しまいます。 これは何度もやって感覚をつかみ取って頂くしか方法はありません。 言葉だけでは、この感覚をつかみ取ることは難しいと思います。 ”欲しい”を実際に何度もオーダーしてみてください。 そうすることによって、これは消極的なオーダーなのか、積極的なオーダーなのかが 分かってきます。 小さなオーダーからやってみてください。 小さな”出来た”の積み重ねが、大きな”出来た”になって行きます。 あなたに愛をこめてお伝えいたします。」 ありがとう アシュタール! 感謝します。 (ここまで) ハートが欲しがっているもの・・・。 という部分が大事なようです。 マインドが欲しがるものは得てして他人と比較して欲しいと思うものですが、ハートは そんなことには一切関係がなく、本当に今の自分が必要としているものということですね。 だから、そんなときには欲しい理由は要らないように思います。 例えば、自分で音楽を楽しみたいので楽器が欲しいとした場合には、誰かがやっているから ではなく、本当に音楽を愛し、うまく楽器を演奏して他人の前でも堂々と弾けるようになりたい という思いならハートは聞き入れてくれるでしょう。 そんなときには漠然と楽器が買えるお金が欲しいと望むのではなく、いくらの楽器が欲しいと 具体的に宣言してみることです。と、そうアシュタールは言っているのだと思います。 とはいえ、欲しいものがいっぱいありすぎて悩みますね。 それでも、先日はお金が入ったので念願の圧力鍋を購入しました。 残念ながら空から降っては来ませんでしたが(笑)。

オリジナル記事はこちら: http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2017-08-17-1

2017-08-17 (木) 21:43:14
  Topページへ戻る
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年8月15日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ  2017年8月11日
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年8月1日
  • マシュー君のメッセージ 2017年7月27日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ 2017年7月28日
  • シェルダン・ナイドルニュース 2017年7月25日
  • マイク・クインシーのハイヤーセルフからのメッセージ 2017年7月21日
  • パラス・アテナからのメッセージ  2017年7月27日
  • ホルスからのメッセージ/目覚ましコール  2017年7月26日
  • ババジとピーター・カッセルとの対話  2017年7月23日