世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:意識(波動)と身体(波長)は違うもの・・・・」 | 最終次元www.jigen.xyz

 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:意識(波動)と身体(波長)は違うもの・・・・」

世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:意識(波動)と身体(波長)は違うもの・・・・」 (ここから) どうもね、次元のことがよくわからないんですよ・・私。 波動が軽くなっていくと、物質ではなくなる?? でも、私たちもう5次元にいるんですよってアシュタールは言うけど、 私はまだ物質の身体を持ってるし・・ う~~ん、いまここがよくわからないんですよねぇ~~ これってどう理解したらいいのぉ~~・・教えてアシュタールぅ~~ 「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。 言葉でお答えするには、なかなか難しいご質問ですね。 あなた達は、自分で望んで?物資化しています。 望んでというか、自分であなたの身体を物質化しているのです。 だから、物質という身体を持っているのです。 ここまで大丈夫でしょうか? 私はいまは物質化はしていません・・身体は持っていないということです。 じゃあ、物質化が出来ないのかと言われれば、出来ますとお答えします。 ではどうして物質化、身体を持たないのですか? と問われれば、望まないからです・・とお答えしたいと思います。 身体を持つ必要性を感じませんし、いまこの状態がとても気に入っている からです。 物質化と波動領域は違うものなのです。 それをごちゃごちゃにしてしまうと分からなくなります。 波動領域は、意識の問題なのです。 意識の波動エネルギーが軽くなると、軽い次元と共振します。 これが、いつも私がお伝えしている波動エネルギーのことです。 物質化するエネルギーとはまた違うのです。 同じ波動エネルギーだと思ってしまうと訳が分からなくなります。 分かりやすいように、意識エネルギーを波動エネルギー、 物質化のエネルギーを周波数と言わせて頂きますね。 周波数は、意識の波動エネルギーで変化させることが出来るのです。 だから、とても軽い波動エネルギーであっても、周波数を重くして物質に なることも出来るのです。 難しいですか? ですから、4次元領域(異次元)の存在達は、3次元領域の波動エネルギーと 同じくらいであっても、物質化しないで存在しているのです。 意識の波動エネルギーの軽さは、愛(尊敬と感謝の気持ち)によって 変わって来ます。 愛のエネルギーが多くなると、波動エネルギーは軽くなります。 軽い波動領域に共振するということですね。 でも、その軽い波動エネルギーでも、その個性のエネルギーが望めば、 身体という物質を創造したいと思えば、物質化することが出来るのです。 意識を車をつくる人、車を身体だとすればイメージしやすいですか? あなたの頭の中で車のデザインが出来、そして、エネルギーを使ってそれを 物質化したのが身体なのです。 意識の波動エネルギーと物質としての身体は違うもの、別のものだと 理解してください。 車をつくる人がすごく波動の軽い人でも、車は物質なのです。 3次元領域だから、物質次元ではないのです。 高次元の波動領域でも、物質化したいと思えば出来るのです。 縄文の人たちがそうでした。 彼らは、とても軽い波動領域に共振していましたが、物質としての身体を 持っていました。 だから、とても長い期間愛と調和で満たされた平和な文化をつくることが 出来たのです。 物質でいることが、重い波動領域ではないのです。 それは、周波数をどうするかだけのことなのです。 周波数を落とせば(波の波状形態を粗くすれば)物質となるのです。 水が氷になる感じです。 周波数を上げれば、非物質となるのです。 水が蒸気になる感じです。 だから、非物質だからといって、意識の波動が軽いとは言えない ということです。 非物質≠波動が軽い・・です。 あなた達は、目に見えない存在(非物質の存在)を、波動エネルギーが軽くて 高貴な存在だと思いがちですが、そうではないということを分かってください。 非物質でも、あなた達よりも意識波動エネルギーが重い存在はたくさん いるということです。 何度もお伝えしていますが、重いから悪い、軽いから良いということはありません。 その個性のエネルギーがどこを望んでいるかだけなのです。 ですから、身体と言う物質を持っていても、あなたはもう5次元領域にいる といえるのです。 そして、同じ周波数の身体を持っていても、意識エネルギーが共振するところが 違ってくると、見えなくなってくるのです。 それが住み分けなのです。 身体という物質を持っていて、物質次元にいるとしても、意識エネルギー(波動) が違うと、お互い見えなくなるということです。 どういうことかというと、車に乗っていても、道が違うと見えませんね。 一般道路を走っている車には、高速道路を走っている車は見えません。 それと同じです。 一般道が悪くて、高速道路が高貴な道路だなんていう考え方は、とても ナンセンスなのはわかりますね。 それは、目的が違っていたり、一般道路の方が好きだったりするだけのことです。 だから、物質次元だから波動領域が重いなどということはないとお伝え したいと思います。 意識エネルギー(波動)と、身体のエネルギー(周波数)は違うということを 理解してください。 すべては意識エネルギーが創造します。 あなたに愛をこめてお伝えいたします。」 ありがとう アシュタール! 感謝します。 (ここまで) 今日のアシュタールのお話はかなり難解でしたね(笑)。 なかなかピンと来なかったと思います。 波動が軽くなると物質も精妙になるというのがこれまでのとらえ方でした。 でも、そうでないこともあるということです。 話の中で4次元の存在は肉体を持たない意識体であると述べていました。 つまり、物質化された身体を持たなくともこの3次元に存在できるという事です。 そして、違うのは彼らが5次元の存在ではないという事です。 でも、私たちは5次元に存在しながら物質化された身体の中にいます。 「それは私たちが5次元で物質化された身体を望んでいるからです」と言ってますが 3次元で持っていた身体を5次元に移行してもそのまま維持しているからでしょう。 ということは物質化と言うのは次元の違いによらず可能だという事ですね。 ただ、それを望むか望まないかだけで、アシュタールは11次元の存在であって物質化 した肉体を持つことは出来るのですが、それは望まないと答えています。 このことから、波動と言う概念と物質の持つ振動数(周波数)は違うことを表している というように理解しないといけません。 そういう観点から考えると波動と言うのは物質の周波数(振動数)を変えることが 出来るエネルギーを持ったものと言えそうです。 つまり、波動はエネルギーであるのに対し物質は存在形態を表します。 もちろん物質も振動しているのでエネルギーを持ちますがエネルギーの質が違うようです。 簡単に言うと、机の上に1本の鉛筆があったとして、その鉛筆を動かすためには手を 使いますが、これは意識と言う波動エネルギーで動かすことが出来るので、意識の持つ 波動はものを動かせる力があるという事です。それに対して鉛筆自身は自分の力では 動きません。何の力も作用しなければずーっとそのまま机の上に置かれた状態です。 しかし、鉛筆は姿を変えることは出来ます。鉛筆は粉々に砕けば木くずになり、それを 水で煮詰めればにかわのようにドロドロしたものになります。 物質は変化できますが、意識は変化せずそのままです。しかし、移動したりすることは 出来ます。また、身体を持つと言っても意識は変わらすその中に入るだけです。 物質は車で運転手は意識体です。 ただ、意識の波動の上昇に伴い身体の振動数を上げていけば精妙な波動を持つ肉体に なるということはあり得る話です。 そして、そうならないことも可能という事です。 少し説明が回りくどくなってしまいましたが、私はそう理解しました。

オリジナル記事はこちら: http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2017-12-15-2

2017-12-15 (金) 20:54:12
  Topページへ戻る
  • 世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:日常の生活に密着していることなの・・・」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:変化を恐れないでください」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール: 潔く捨ててください」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:最終的に決めるのはあなた!」
  • 生まれて初めて三面鏡を見た赤ちゃん、素晴らしい笑顔を見せる
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:意識(波動)と身体(波長)は違うもの・・・・」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:言葉のエネルギー・・・・」
  • 5次元に入り始めた7つのサイン
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール: ボ~~っとしてください」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:超感覚は特別なものではない」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:”いたしません”」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:小さな変化・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:ひととの関係ってとてももろいの・・・」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ハートのひらめき・・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ブループリント(目的)を知りたいと思うならば・・・」