破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:超感覚は特別なものではない」 | 最終次元www.jigen.xyz

 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:超感覚は特別なものではない」

破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:超感覚は特別なものではない」 (ここから) 今日の破・常識! 個性のエネルギーは、それぞれに違っていい! それぞれの個性は比べられるものではない・・・らしい(笑) では、アシュタールからのメッセージをお伝えします。 「こんにちは こうしてお話し出来ることに感謝します。 テラの波動がとても軽くなってきています。 そして、そのテラの波動に共振している人達も  一緒に軽くなってきています。 波動が軽くなるにつれ、切られていた超感覚を思い出す人たちが  どんどん増えて来ています。 何も怖がることはありません。 どんどん今まで感じなかったこと、 マインドの外側の感覚を思い出していってください。 ただ少し気をつけて頂きたいのは、 みんなが、すべての人がその感覚を持っている・・ ということを忘れないで頂きたいということです。 超感覚は誰でも持っています。 超感覚は特別なことではなく  ただ忘れている人が多いだけのことなのです。 そしてそれは、その個性のエネルギーのタイミングで思い出すのです。 思い出すタイミングは、人ぞれぞれです。 早く思い出せる人もいれば  ゆっくり時間をかけて思い出す方もいらっしゃいます。 早ければいい・・というわけではありません。 そして個性のエネルギーには、それぞれの特徴?があります。 エネルギーに敏感な人もいれば  そんなに感じないと思う方もいらっしゃいます。 敏感だから優れている・・という考えは手放してください。 それはただの個性なだけです。 超感覚を感じられるから特別だということはありません。 たとえば辛いものが好きで  超辛いものでも平気で食べられる人もいれば、 辛さに敏感でちょっと辛くても食べられない人が いるのはわかりますね。それと同じです。 辛いものに敏感で 少しでも入っていると 分かってしまう人が優れていて、辛いものに鈍感で  たくさん食べられる人が劣っているなんて思う人はいませんね。 ただの嗜好の問題、ただの好みの問題だということです。 エネルギーに敏感かそうでないかも  同じことだということを忘れないでください。 超感覚が分かるようになることが  優れているとか精神性が高いとか、 素晴らしい存在だとかいうことはないのです。 そのように考えてしまうことは  反対に波動を重く粗くしてしまいます。 そして、あまり敏感でない方も、だから私はダメだ・・ なんて絶対に思わないでください。 マインドでは分かっていなくても  エネルギー場では必ず分かっていますので、安心してください。 個性のエネルギーは、それぞれに違っていいのです。 超感覚だけではなく他のこともそうです。 人それぞれ、向き不向き、得意不得意があります。 だから小さな一部だけをみて優れているだの劣っているだの  の判断をしないでください。 それぞれの個性は比べられるものではないのです。 あなたは、あなたで素晴らしい存在です。 隣の人は、隣の人で素晴らしい存在なのです。 すべてにおいて比べる、優劣を判断することは  まったく必要のないことです。 あなたに愛をこめてお伝えいたします」 ありがとう アシュタール! (ここまで) ここでは超感覚と述べていますので物を動かすという超能力ではないようです。 テレパシーとか何も知らないことが突然わかってしまうなどの感覚的な分野に おける超能力です。 何も計画も立てずに進めた旅行が多少のトラブルがありながらもスイスイと何事も なかったように終えるとかちょっと調べたいことがあったんだけどなぜかその答えが 頭の中に浮かんできて解決したとかですね。 超感覚を思い出せるかどうかはいつもその感覚を大事にしていて注意をはらって いるなら比較的早いかもしれません。まったくそんなことを考えずに今まで通りの やり方をしている人は遅いかもしれません。 でも、身体の波動がテラの波動の上昇に合わせて高くなっているので肉体的な 変容も同時に進んでいるはずです。たとえばDNAが3本鎖や4本鎖に変化し、その 変化に応じて受容能力も高まってくるので、それに合わせて自然に出来るように なることもあるだろうと思います。 ただ、人それぞれなので待つしかないだろうと思います。 必ずいつかできるようになります。 そして、それを特別な能力と思わないことですね。 何か他人が出来ないことが出来るようになってしまうと自分は一歩進んだ人間 なんだという増上慢な心が芽生えてきます。しかし、それは自分だけでないことと 遅い人もいることを理解するなら自分自身を超越した存在と思うのはないはずです。 でも、アシュタールがそのように述べているのですからすでに超感覚を思い出して いる人が居るということは事実のようですね。

オリジナル記事はこちら: http://ada323newage.blog.so-net.ne.jp/2017-12-14

2017-12-14 (木) 18:04:50
  Topページへ戻る
  • 世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:日常の生活に密着していることなの・・・」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:変化を恐れないでください」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール: 潔く捨ててください」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:最終的に決めるのはあなた!」
  • 生まれて初めて三面鏡を見た赤ちゃん、素晴らしい笑顔を見せる
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:意識(波動)と身体(波長)は違うもの・・・・」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:言葉のエネルギー・・・・」
  • 5次元に入り始めた7つのサイン
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール: ボ~~っとしてください」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:超感覚は特別なものではない」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:”いたしません”」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:小さな変化・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:ひととの関係ってとてももろいの・・・」
  • 破・常識 あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ハートのひらめき・・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:ブループリント(目的)を知りたいと思うならば・・・」