バシャール:論理的 vs 感覚的 | 最終次元www.jigen.xyz

 バシャール:論理的 vs 感覚的


論理的(ロジカル・マインド)とは、道筋に沿って”筋を通して”考える方法です。もっと簡単に言うと、箱に入った考え方で柔軟性がありません。つまり、3次元密度の平面的な考え方を忠実に辿って物事を捉えていくプロセスを意味しています。 長い間私達の世界は、この論理的な方法で3次元密度の社会システムを構築してきています。しかし、現在の大きな変化の時期では、古い論理的な考え方が下火になり、変わりに感覚的な方法で答えを導き出すプロセスが誕生し始めているのです。 感覚的な方法とは、貴方の直感を通して答えを導き出す方法の事です。つまり、心の声に沿って考えを論じ、柔軟で貴方らしい答えを導き出してくれます。また、多次元的な想像力を使った考え方なので、視野が格別に広がりを見せるようになり、進化と進展が著しくスピードアップしてゆく事になります。

オリジナル記事はこちら: https://ameblo.jp/viva-bashar/entry-12493636578.html

2019-07-14 (日) 01:02:16
  Topページへ戻る
  • アンリカの不法移民増加の要因となったのはアメリカの政策
  • オレンジャーからのメッセージ「変化を楽しむ」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:誰かに対してイライラするときは・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:自分の世界の中心で・・・」
  • 消費税6→0%に マハティール首相、公約実施
  • 日本や世界や宇宙の動向さんより「UFOはマインドパワーで制御されている」
  • オレンジャーからのメッセージ「壁の向こう側」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:お金というものを使わなくていい社会が良いなぁ~と思うならば」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:起きたその事実が大切・・・」
  • オレンジャーからのメッセージ「国を超えて生きる」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:彼らの前から消えるのです・・・」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ワンネスの意識・・・」
  • 世にも奇妙なフツーの話「さくやさん:子どもは親のクローンじゃないのよ!」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:いちばんいいのは、見ないことです」
  • オレンジャーからのメッセージ「時間とお金」