破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ちょっとの先の勇気と感覚・・・」 | 最終次元www.jigen.xyz

 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ちょっとの先の勇気と感覚・・・」

破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ちょっとの先の勇気と感覚・・・」


(ここから)


今日の破・常識!



ちょっとの勇気と感覚という素晴らしいアイテムを持って

新しい世界にすすんでください。byアシュタール


----------------------------------------------------------------------------------------------------

 
今日のアシュタールからのメッセージをお伝えします。






「こんにちは こうしてお話しできることに感謝します。

あなたがいま居る社会は、庶民から搾取するためだけに

作られたシステムです。

搾取が一番の目的なのです。

ですから、そこに居る限り、あなた達庶民は幸せにはなれないのです。

幸せにするつもりは毛頭ありません。

反対に不機嫌な人を作るのが目的なのですから。

でも、あなたは生まれた時から、その環境にいて

その環境が当たり前だと思ってしまっています。

学校の先生たち、親たち、まわりの大人たちから

この社会はこういうもので、その中で生きていくためには

こうしなければならないという常識や価値観、道徳感、倫理観などを

教えられその通りに生きなさいと言われてきました。

もちろん、それを教えている人たちも

まわりの大人からそのように教えられてきたのです。

ずっと昔からその考え方が踏襲されてきたのです。

ですから、何も考えずにいると、まだまだそのシステムは

続いて行くことになります。

そしてずっと庶民は豊かになれず、自由になれず

ただ苦しさをどう和らげるかだけを考える生活

人生を送ることになります。

この社会の中でどう生きるか・・

それだけを考えていても仕方ないのです。

それではいつまでもそこに居ることになり、出ることが出来ません。

原因をとりのぞかなければ、現実は変わらないのです。

この社会で少しでも楽に生きようと考えるのではなく

どうそこからそっと離れるかを考えてください。

押し付けられた価値観、考え方、常識、道徳観

倫理観をどう手放せばいいのか?

それを考えてください。

いまのあなたの持っている考え方、常識、道徳観

倫理観があなたに制限をかけているのです。

誰もあなたを縛って、鞭打って、

思い通りに動かしているわけではありません。

あなたが自分自身に制限をかけ、縛り

そこから出ないようにしているのです。

・・ということは、あなたの考え方、価値観、常識、

道徳観、倫理観が変われば、

すぐに、簡単に、その苦しい社会から

出ることが出来るということです。

ただ、いま持っている常識などを

まるっと反対にすればいいのです。

いま持っているあなたの考え方は、

あなたを支配・コントロールするために刷り込まれたものです。

だから、その刷り込みを解くためには、

それを反対にしなければなりません。

自分で自分の制限をとるには、ちょっと勇気がいります。

ここから出てはいけません

ここから出ると恐ろしい怪獣がうようよいますよ・・と

言われてきた境界線を越えることになりますから勇気はいります。

でも、ちょっと勇気を出してでてみれば、

怪獣などいないことが分かります。

怪獣がいる怖ろしい世界どころか

とても豊かで自由なところだということが分かります。

最近、あまりにも苦しくなって、

境界線を越える人が増えて来ています。

いままで刷り込まれた常識、価値観、道徳観

倫理観を疑う人が増えて来ています。

あなたも疑ってみてください。

いままでこれでいいと無邪気に思っていたことを

違う角度で見てみてください。

頭(マインド)ではなく、感覚(ハート)で感じるようにしてみてください。

そうすれば、違う見方が出来ます。

当たり前だと思っていたことに

何か違和感を感じることが出来るようになります。

それが、そこから出るためのカギです。

何かおかしい・・その感覚を大切にしてください。

そして、その感覚を信じてください。

あなたは自由な存在なのです。

というと、私は自由ですとおっしゃる方がいらっしゃいますが

それは許された中だけの自由だということを

理解していただければと思います。

それは、本来のあなたの自由ではありません。

鎖につながれ、その鎖の長さだけ動いてもいいですよという自由だ

ということをお伝えしたいと思います。

そんな制限付きの自由は、自由ではないのです。

あなたはどこにでも行けるのです。

あなたは自分で何もかも決め、どんなことでも出来るのです。

そして、いつもご機嫌さんでいることが出来るのです。

そのために、あなたの感覚を信じそこからそっと離れてください。

(もちろん、そこが好き、ずっとここにいますと

おっしゃる方はそれでいいと思います。

それも自由ですし、その体験もとてもステキな体験なのです。

ただ、苦しくて、辛くて、もうここにいるのはイヤだと思われるならば

この情報を使ってみてくださいね)


感覚を大切にしてください。

感覚があなたのナビゲーションであり

そこから出るためのカギとなります。

ちょっとの勇気と感覚という素晴らしいアイテムを持って

新しい世界にすすんでください。

何だかどこかの冒険もののようなセリフになりましたが(笑)

あなたはそのワクワクする経験がしたくて

いまのテラに転生してきたのですから、

どんどん楽しんでくださいね。


あなたに愛をこめてお伝えいたします」



ありがとう、アシュタール! 


(ここまで)


あなたはそのワクワクする経験がしたくて
いまのテラに転生してきたのですから・・・


という言葉の意味は、この3次元と言う制限のある世界から解放される

という体験をしたいために生まれて来た。

と、そう言えると思います。

それが私たちが常々口にしているアセンションということなのですが

それを実現したいのならば、今の価値観を手放す方法を探してください

ということです。

そして、価値観をまるっと変えることができればいますぐにでも

世界は変わります。

ということになると思います。


またまたコロナウイルスの話で申し分けないのですが、これだって価値観を

まるっと変えるひとつのきっかけになります。

いかに恐怖や不安を持たずに冷静に観察して、この事件の背後にある目的を

見通せるかということです。

それがわかれば怖いことはありません。

それに私たちの意識は亡くなっても永遠に存在し続けるのですから・・・。

その他にも多くの常識や習慣のなかにその制限を発見できます。

しかし、それを発見するのは私たち自身なのですから。

アシュタールが手取り足取り教えてくれるわけではありません。

自分で探さないといけないことなのです。

それが自由のひとつの側面であり、自由の尊重と言えるものですね。




オリジナル記事はこちら: https://ada323newage.blog.ss-blog.jp/2020-01-29

2020-01-29 (水) 17:30:08
  Topページへ戻る
  • オレンジャーからのメッセージ「心のトンネルの抜け方」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:友達たくさん出来るかな?・・の呪縛 」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:ちょっとの先の勇気と感覚・・・」
  • 国内で初めて日本人のコロナウイルス感染者が確認される
  • オレンジャーからのメッセージ「瞳の奥の光」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:死んで、ワンネスの世界に戻ると波動は?」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:我慢はもっと要りません・・・」
  • オレンジャーからのメッセージ「正しさの罠」
  • 世にも奇妙なフツーの話「アシュタール:あなたの身体も宇宙なのです」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:生きる力・・・」
  • 厚生労働省の、こんな注意喚起の仕方でで良いのだろうか?
  • オレンジャーからのメッセージ「人生を味わう」
  • 世にも奇妙なフツーの話「さくやさん: これはとても危険な思考停止なのよ」
  • 破・常識あつしの歴史ドラマ「アシュタール:あなたの居場所・・・」
  • オレンジャーからのメッセージ「与え上手になる」